自慢のペットが皮膚病にならないようにするために

飼い主とペット

ペットを預ける場所として

成田空港の中や近くには、多くのペットホテルがあります。海外旅行や出張など、ペットを預けたい人が成田空港に訪れることも多いからです。空港内のペットホテルは、連れ帰る時にもスムーズなためよく利用されています。

犬

愛玩犬に最適な犬種

パピヨンは賢く周囲の状況を読むことができ、人懐こいため愛玩犬に最適な性格をしています。蝶のような立ち耳が特徴的だが、垂れ耳のものもいます。活発なので運動はしっかりさせるとよいでしょう。毛が長いのでブラッシングはきちんと行うべきです。

非常に多い病気

動物病院

早期受診が重要

多くのペットにおいて、皮膚病は最もなる可能性の高い病気といえます。皮膚は最大の臓器ともいわれており、多くのカロリーを消費し、身体の栄養状態や精神状態を大きく反映します。また、人間のように衣服を着ることがない大多数のペットでは、外的刺激により皮膚病を発することも多く、様々な原因が考えられます。ペットが皮膚病にかかった場合、よくある初期症状としては、かゆがって身体をしきりにかく、赤みや発疹が発生する、膿がでるなどがあります。ペットの皮膚病は原因の特定が難しく、一つの症状だけでは原因の特定は困難です。一つの病気が様々な症状を呈することもあります。しかし、放置しておくと周囲に感染させてしまったり、ペットの命を脅かしたりすることもありうるので、早めに対処することが重要です。かゆがる場合に考えられるのは、ノミ、細菌の感染、真菌の感染、アレルギーなどです。ノミの場合は周囲に感染させるおそれもあるので、特に早めの対処が重要となります。予防薬もあるため、予防につとめることが肝心です。細菌や真菌の感染、アレルギーなどは抵抗力が低下しているとよく起こります。悪化するとかきむしった傷が化膿してしまうおそれもあるので早めに病院に連れて行きましょう。赤みやただれ、膿などはこうしてかゆがった結果発生することが多いです。外傷が原因のこともあります。このような状態になると治療にも時間がかかりペットの負担も大きくなってしまうので、そうなる前に病院に連れて行くのか確実です。